指値注文とは?

指値注文とは、自分が「いくらで売りたい・いくらで買いたい」を指定して取引する方法です。

為替レートが、指定した値段になったら自動で売買を行ってくれるため、常に為替レートを確認できない時などに便利です。

■指値の買い注文の時
現在の価格より安い価格で注文を出します。

■指値の売り注文の時
現在の価格より高い価格で注文を出します。

つまり、できるだけ
「安く買い」「高く売る」のに適しています。

また、為替が自分の思惑どおりに変動(円高が進行)しない場合があり、
その時はなかなか取引が成立しないため、すぐ取引したい場合には不向きです。

⇒FXとは何か?優しく楽しく解説

注文方法メニュー

FXコラム