逆指値注文(ストップ)とは?

逆指値注文とは、「現在の為替レートより下での売り注文」または「現在の為替レートより上での買い注文」です。

なぜそんな注文方法が必要なのか?この説明だけではちょっとわかりにくいですね。

簡単に説明しますと、
逆指値(ストップ)は基本的に損切りの為に使います。

今現在ドルを1ドル100円で買いポジションを持ってるとしましょう。
でも98円を割れるとどこまで下がるかわからないから、
98円になったら損切りする。という注文を予約しておけるのです。
つまり逆指値をうまく使う事で損失を限定できるのです。

逆指値(ストップ)毎回必ず
入れるようにしましょう!

⇒FXとは何か?優しく楽しく解説

注文方法メニュー

FXコラム