RSIって何?

RSIとは、為替相場が「買われすぎ」あるいは「売られすぎ」を見極めるためのチャートです。

RSIを確認することにより、FX取引における為替レートの高値買いあるいは安値売りによる損失を軽減できる可能性があります。

為替レートは、波のように一定の範囲内で少しずつ上昇したり下降したりしていきます。

FX取引をする場合は、為替レートがその範囲から大きく上げたり、
下げたりした時が、売買のシグナルといえます。

RSIは、期間内の為替レートの上昇・下降の値幅を計算し、
その結果から現在の為替レートの買われすぎ・売られすぎを判断します。

◆買いシグナル
RSIが20~30%以下になったとき

◆売りシグナル
RSIが70~80%以上になったとき

FXが初めての人は、
楽しく学ぶ!漫画で優しくFX解説

オンラインでも出来る無料FXセミナー特集
無料で学べる初心者向けFXセミナー

RSIの見かた

緑の線がRSI、
上の70%のラインが「買われすぎ」、
下の30%ラインが「売られすぎ」となります。

相場が30%以下で反転した時が買い。
70%以上で反転した時が売りとなります。

RSIが50%付近では小幅な保ち合いとなることが多く、
その後、大きなトレンドになることがあるので注意が必要です。

RSIの5原則

RSIを使う場合には下の原則があります。これらが利益を上げる事につながります。

他の指標と合わせて運用する

中・長期の取引で使用

移動平均線が反転の方向に
傾いたのを確認してから売買

RSIが50%より上で
右肩上がりなら上昇相場。
50%以下で下降していて
右肩下がりなら下落相場。

基本はレンジ(ボックス)相場でのみ使用

トレンド中断のサイン
「ダイバージェンス」

価格とRSIが逆に動くことを「ダイバージェンス(逆行現象)」といいます。そうなった場合は、決済するのが得策です。

トレンドの転換サインとして、ダイバージェンスは意外と頻繁に見られます。このサインを見落とさないように、常に気をつけましょう!

FXをやってみよう!
(スマホでも登録・取引出来ます)

FX会社への申し込みはネットですべて完結するのでとっても簡単!

最短3分で完了するので手間もかからず、開設費・維持費・年会費など費用が発生することは一切ないので安心です。

キャッシュバックを実施ているところも多いので、キャンペーンを利用してお得にFXを始めましょう!

また無料体験できるデモトレードや、自動取引ツールなど、初めてでも安心の機能が盛り沢山なのもFXの特徴です。

まずは無料で口座を開設して、実際に取引を体験してみましょう!

★初心者も安心のFX会社は?★

★FX口座は無料で作れて安心★

仮想通貨で練習が出来る
デモトレードを使ってみよう

初心者が始めやすくなるサービスのひとつにデモトレードがあります。

デモトレードは、
無料でFXの練習が出来る機能のことです。

仮想通貨で取引し、ゲームをするような感覚でFXを覚えていくことが出来ます。

FX会社ごとに提供しており、その会社の取引ツールや
本人に代わって賢く取引する自動売買がお試し出来るところも。

「初めてFXをするので不安がある」
「まずはFXを体験したい」
自分にはどこの会社が合っているか比べてみたい」
など、
様々な用途で使用できるのが嬉しいです。

豪華賞品が貰えたり、ランキングバトルが開催されていたりと、
デモトレード専用のキャンペーンが豊富なのも見逃せません。

⇒ゲーム感覚で練習できるデモトレとは

自動売買も練習できるFX会社

⇒無料練習できる外為オンライン(公式)