成行注文とは?

成行注文とは、取引画面を見ながら「現在の為替レートで売買する」という時に、有効な注文方法です。

レートを指定せず、為替動向を見ながらに注文する方法ですから、すぐに注文を出せて、売買も成立しやすいという特徴があります。

株の成行注文の場合は
「価格はいくらになってもいいので、買いたい、売りたい」という時に使われますが、FXの場合は「現在の価格ですぐに売買する」という事なので、取引成立までが早いです。

注文のやり方も簡単です。
取引画面に「売り」と「買い」の価格が両方表示されますから、
値動きを確認しながら、為替レートを指定せずに
どちらかをクリックすれば注文完了です。

「マーケット注文」
「プライスオーダー」
「クイックトレード」
「リアルタイムトレード」
などと呼ばれることもあります。

⇒FXとは何か?優しく楽しく解説

FXが初めての時はまずは成行注文から

FX取引には様々な注文方法がありますが、初めての時はまずは成行注文から始めてみましょう。

現在の為替レートを見ながら出来る成行注文は取引の仕方が非常に簡単で始めやすく、為替を見ながら取引するのでレートが急に動いてもすぐに対応ができます。

反面、寝ている間や仕事中などにチャンスが来ても対応が出来ません。

まずは成行注文でFXに慣れてから、取引をしていない時でも対応できる注文方法にもチャレンジしていきましょう。

⇒ゲーム感覚で無料練習してみよう

⇒チャンスを逃さない指値注文

注文方法メニュー

FXコラム