IFD(イフダン)とは?

IFD(イフダン)注文とは、一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が自動的に発動される注文方法です。

二つめの注文は、最初の注文が成約しない限り発動されることはありません。


「1ドル=90円でドルを買う」という注文を出す場合、
同時に「1ドル=100円になったらドルを売る」
という注文も出しておきます。

つまり、最初の注文が約定したら、
その反対売買の注文を自動で出すのが「IFD(イフダン)注文」です。

また、IFD(イフダン)には、
「指値」と「逆指値」の二種類の注文方法があります。

「指値」  → 利益の確定注文
「逆指値」 → 損失の限定注文

また、思惑どおりに相場が動いた場合の「利益確定」や、
パソコンの前にいられず、その間に相場が急激に動いて
大きな損失を被らないための「損切り」にも
有効な手段として利用できます。

IFD(イフダン)注文の注意点

IFD(イフダン)注文は、セットで二つの注文を出せますが、一つの注文に対して決済方法は一つというルールがあります。

つまり、利益の確定注文では、相場が思惑と反対に動いた場合の売り(損切り)決済は、
手動で行うことになります。

FX投資で、最も重要なことは、
「損失を最小限にする」ということです。

そのため、初心者の方は、
損失の限定注文から始めて、
利益の確定を手動でやることを推奨します。

⇒FXとは何か?優しく楽しく解説

注文方法メニュー

FXコラム