DMIとは?3つのラインからトレンドを把握しよう

DMIとは?3つのラインからトレンドを把握しよう

DMIとは 3つのラインをメインにするテクニカル

DMIはトレンド系のテクニカル指標で、トレンドの強弱を見極めるのに使用されます。

英語では「Directional Movement Index(方向性指数)」と表記されるため、その略を取ってDMIと呼ばれます。

基本的に3つのラインを使用するのが特徴で、一見他のテクニカルよりも複雑に見えますが、使い方を覚えてしまえば取引の強力な味方となってくれます。

RSIやストキャスティクスといった、他トレンド系の指標の欠点カバーとしても利用されています。

(⇒FXについて詳しくは漫画で)

では実際にチャートで見てみましょう。

DMIとは

DMM FX様の取引ツール(DMMFX PLUS)内の画像を使用しています。

このようにローソク足の下にDMIを表示するのが一般的です。

3つのラインが引かれているのが確認出来るかと思います。

白色の線は「+DI」と言って、買いの強さ・上昇の勢いを表したものです。

赤色の線は「-DI」で、逆に売りの強さ・下降の勢いを表したものになります。

プラスとマイナス、上昇と下降という相反する指数ですので覚えやすいかと思います。

残る黄色の線は「ADX」と言って、トレンドそのものの強さを表します。

トレンド相場では上向きに大きく数値が振れますし、レンジ相場では横ばいに停滞するのが特徴です。

DMIではこの「ADX」の強さと、「+DI」「-DI」が交わる部分を探していきます。

 

【サポート抜群で安心のFX会社は?】

FXが初めての時は何かと聞きたくなるものですし、不安になることも多いです。

会社を選ぶときは電話サポートやデモトレード、セミナーなどユーザーサポートが万全のところで始めましょう!

特にオススメは外為オンライン。

デモ機能や無料セミナーなどサポート・サービスが充実しているのはもちろん、高性能な自動売買ツール「iサイクル2取引」を搭載しているので初めてでもプロ級の取引をお任せで実現できます。

iサイクル2取引はお試しもできるので、デモトレードでまずは無料体験してみましょう!

無料練習も出来るFX会社で始めよう!

★サポート万全の外為オンラインを徹底特集★

DMIの見かた

DMIではADXが高いトレンド相場での、+DIと-DIがクロスする部分に注意していきます。

考え方は移動平均線のゴールデンクロス・デットクロスに似ています。

⇒ゴールデンクロス・デットクロスが分からない方は

■買いのサイン

DMIでの買いサイン

白色の+DIが赤色の-DIを下から上に抜けた部分に注目します。

このとき相場は上昇のトレンドが強く、今後も続くと予想されます。

そのためクロス部分は買いのサインです。

■売りのサイン

DMIでの売りサイン

逆に、赤色の-DIが白色の+DIを下から上に抜けた部分に注目してみましょう。

この後の相場は下落の勢いが強く、下降トレンドだと予測されます。

そのためクロス部分は売りのサインとなります。

DMIの注意点

ただし、+DIと-DIはクロスしていれば必ず買い・売りという訳ではありません。

レンジ相場での利用には注意が必要です。

ADXが低く、トレンドが発生していない相場ではDMIは使いづらい傾向があります。

それはDMIに限らず、トレンド系のテクニカル全般に言えることです。

DMIの注意点

図のような相場では、+DI・-DIが細かく何度もクロスしています。

レンジ相場ではこのような場面が多く見られますので、使用の際には注意が必要になります。

出来るだけADXの数値が上手向きで高く、トレンドが発生している場合に使いましょう。

因みに、レンジ相場でDMIが全く使えないという訳ではありません。
ADXが横ばいになった頃を目安に決済を行うといった手法も可能です。

DMIのまとめ

ここまでDMIの見かたと使い方について解説してきました。

3つに線が増えても、意識・注意する点は大きく変わりません。

それではDMIについておさらいしてみましょう。

①それぞれ+DIは上昇、-DIは下降、ADXはトレンドの大きさを示す

②ADXが上向きで数値の高いときは強いトレンド

②トレンド相場の際の+DI・-DIのクロスの注目

④レンジ相場は決済の目安、無理にエントリーしないこと

レンジ相場では、他のレンジ相場に強い指標を使うなどしてカバーをしていくようにしましょう。

またレンジ相場に強いツールとして、外為オンラインの「iサイクル2取引」が人気を集めています。

デモトレードでテクニカルの練習をしつつ、賢い自動売買もお試ししてみましょう。

レンジ相場に強くなるなら
外為オンラインの iサイクル2取引

無料でDMIを読む練習をする
デモトレードでチャート慣れしよう

漫画で学ぶFX「FXとは?」

 

無料練習も出来るFX会社で始めよう!


FX会社で口座開設をするのはとっても簡単です。

開設費や維持費、年会費と言った費用は一切発生しませんし、銀行のように口座にお金を必ず入れておかなければならないという事もありません。

最短5分で口座を無料開設できるのがFXの魅力の一つです。

↓通帳・ハンコ不要でとっても簡単↓

口座開設方法を図解で解説

またFX初心者の方もデモトレードを利用すれば無料で気軽にFX体験ができます。

実際の為替相場で本物のトレーダーと混じって練習が出来るので、デモとは言え本番と変わらない体験が可能です。

さらに豪華賞品が貰えたり、ランキングバトルが開催されていたりと、デモトレード専用のキャンペーンが豊富なのも見逃せません。

ゲーム感覚で学べるデモトレとは

※相場の変動でマイナスになる場合もあります

FX初心者に優しい 外為オンライン「iサイクル」

賢い自動売買をデモトレードでお試し出来る外為オンライン

「FX初心者なら外為オンラインを使え!」と言われるくらい初心者向けのシステムとコンテンツが充実しています。

特に「iサイクル2取引」は簡単な設定で、システムが自動で取引条件を計算。

24時間貴方に代わって賢くトレードしてくれるので、初心者の方や忙しい方でも安心して始められます。

無料練習できるデモトレードも搭載、気軽にFX体験できるのも嬉しいですね。

またminiコースなら資金が通常の10分の1で始められるので、少額でまずは試してみたいと言う方にもオススメです。

*5千円のキャッシュバックは非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

サポート万全!初めてでも安心FX会社特集

外為オンライン
55万口座突破!初心者に優しいFX会社

ここがポイント
キャッシュバックキャンペーン中!
iサイクル2取引で初心者でも安心して始められる
スプレッド
(米ドル/円)
1.0銭
スワップ20円
キャッシュバック5,000円

外為オンラインは55万口座を突破し多くのユーザーに支持される会社です。

特に「iサイクル2取引」は簡単な設定で、システムが自動で取引条件を計算。
24時間貴方に代わって賢くトレードしてくれる
ので、
初心者の方や忙しい方でも安心して始められます。

⇒iサイクル2取引についてはこちら

またminiコースなら資金が通常の10分の1で始められるので、
少額でまずは試してみたいと言う方にもオススメです。

ほかにも無料練習できるデモトレード搭載やPCやスマホの操作方法から教えてくれる無料セミナーの開催など初心者に優しいサポートやツールが満載!

初めての人でも安心してスタートできる万全支援体制のFX会社です。

外為オンラインの口座開設の流れについては
◆口座開設の方法を優しく解説

今なら現金5,000円キャッシュバックキャンペーン中です!

公式サイトへ>
詳細ページへ>

DMM FX
FX口座数国内第1位!
サポート万全で初心者も安心

ここがポイント
他にはないお得なキャンペーン
24時間電話サポート&LINEお問い合わせ
スプレッド0.2銭
原則固定
(例外あり)
スワップ37円
キャッシュバック-

DMM.com証券は人気のツールや、低スプレッドで選ばれ続けて国内口座数1位を獲得(※)しています。

他にはない珍しいキャンペーンを行っており、取引で貯まるポイントを現金に交換できてしまいます!

ポイントは1pt=1円で、更に貯めるのもよし、資金に追加して続けて使用するのもよしの幅広い使い方が嬉しいです。

FX会社では数少ない営業日24時間サポートも行っているので初心者の方も安心。

またLINEでサポートにお問い合わせが出来るという、FX業界初の取り組みも行っています。

デモトレツール・アプリもあるのでいつでも気軽にFX練習が出来るのも魅力。まずはDMMFXでFXを楽しくお試し体験してみましょう!

※2019年1月末時点。
ファイナンス・マグネイト社調べ
(2019年1月口座数調査報告書)

公式サイトへ>
詳細ページへ>

トライオートFX インヴァスト証券
シストレと裁量のいいとこどりで最適な投資手法を

ここがポイント
インヴァスト証券提供の新しいシストレ
オートパイロットで柔軟かつ繊細に取引
スプレッド
(米ドル/円)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
スワップ50円
キャッシュバック50,000円

自分で自由にやりたいけど判断が難しい、自動売買は楽だけどもっと自分の意思を反映させたい。

そんな欲張りな願望を実現させた夢のシステムが「トライオートFX」です。

3ステップで設定&分かりやすい画面で初心者でもすぐに始められます。

相場予想は人間、後は自動運転に任せる「オートパイロット注文」のおかげで時間とこころにゆとりを持ちながら、ただのシストレにはない柔軟性をもった初心者に優しい仕組みです。

また従来型のプログラムを選んで自動売買をする事も可能!

ランキングやアイコンで今どのプログラムを選ぶのが一番良いのかが一目でわかる他、そのプラグラムがどんな状況に適しているのかの解説もあるので非常に安心です。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

FXブロードネット
トラッキングトレードならチャンスを逃さず取引

ここがポイント
自動で賢く取引するトラッキングトレード搭載
無料セミナーに少額取引と初心者に優しい
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
原則固定
スワップ34円
キャッシュバック20,000円 (最大)

賢くプログラムが相場の状況を常に把握し、24時間自動で取引してくれるシステムがトラッキングトレードです。

FXで判断に迷う売買のタイミングをプログラムに任せられるので、特に初めてFXをするに人に優しいFX会社です。

また、少額取引対応FX無料セミナーの開催などFX初心者のサポート体制も充実。

さらに無料練習ツール「デモトレード」を搭載しているので気軽にお試し体験をする事ができます。

まさにこれからFXを始めようと言う方にピッタリ!

加えて業界最安水準のスプレッド(実質的な取引手数料)や豊富な情報配信サービスなど上級者の方も大満足できる、隙のない超優秀FX会社です。

今なら20,000円 (最大)キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

みんなのFX | トレイダーズ証券
モバイル機能充実でスマホ取引に最適

ここがポイント
スマホツールの充実でPCが無くても大丈夫
人気講師によるオンラインセミナーが人気
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
スワップ30円
キャッシュバック50,000円

1000通貨対応や人気講師を招いたオンラインセミナー、営業日24時間サポートなど初心者に優しいFX会社として注目されているのがみんなのFXです。

有名為替情報配信社と提携し、市況情報や経済指標情報の配信など
FXプロトレーダーも納得の取引サポート体制です。

またスプレッドが業界最狭水準で余計なコストがかかりません。

超豪華キャッシュバック食品プレゼントなどキャンペーンにも力を入れており、非常にお得に取引が出来るのも嬉しいです。

トルコリラやメキシコペソと言った話題の高スワップポイント通貨もいち早く取り入れるなど、常に進化を辞めない「みんなのFX」は安心して選ぶことが出来るFX会社です。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

SBI FXトレード
約4円から取引出来るので始めやすい!

ここがポイント
2018年度オリコン 顧客満足度1位獲得
約4円からとお試し感覚で始められる
スプレッド
(米ドル/円)
0.27~7.80銭
スワップ-
キャッシュバック500円

業界の常識を覆す「1通貨取引」を可能に!

約4円から始められるので、お試し感覚でFX投資を始める事が出来ます。もちろんスマートフォンにも対応しているので何時でも何処でも取引をする事が出来ます。

またスプレッドが業界最狭水準で余計なコストがかかりません。

他にもコツコツ運用したい方向けの「積立FX」や変動リスクを抑えた安心取引が出来る「オプションFX」などユニークで便利なサービスが充実しているのもSBIFXトレードの特徴です。

SBI FXトレードの口座開設の流れについては
◆口座開設の方法を優しく解説

今なら新規口座開設+初回ログインだけでもれなく500円プレゼントがあるので、自分のお金を使わずに始める事が出来ちゃいます。

デモトレードでは感じられない本物の取引の空気感をお金を使わずに体験できるチャンスです!

※2019年10月10日(木)時点となります。
詳しくはSBI FXトレードのホームページをご確認ください。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

FXコラム

サイト運営者情報

運営者:川口 麻美

運営担当者:川口 麻美

FX取引歴は10年、取引で得ている知識をもとにサイトを運営しています。サイト運営を始めて6年となりますが現在もサイト充実を図るべく日々アップデートを重ねています。

特に私自身が失敗した経験を生かし、皆様に有益な情報をお届けします。

運営会社・担当者情報

Twitter:@gattsuri_fx

金融商品取引法ではFXを取り扱う証券会社は金融庁に登録を受ける義務があります。ガッツリFXで紹介してる会社は全て登録・監督されている会社のみなのでご安心ください。

外国為替証拠金取引について:金融庁

無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください:金融庁