FXスイングトレードの初心者図鑑【ガッツリFX】の絵で銘柄選び

FXスイングトレードの初心者図鑑【ガッツリFX】の絵で銘柄選び

初心者図鑑① スイングトレードとは?

スイングトレードとは

「スイングトレード」はFXトレード手法のひとつです。

FXの代表的なデイトレードよりも少し期間が長くなり、大体数日~数週間程度の期間での取引となります。

デイトレードは24時間以内に限定されますが、スイングトレードならもう少し余裕を持った状態と言えそうですね。

副業でFXを行っている人や、デイトレードでは忙しすぎた人にはピッタリの取引方法です。

ポジションを持ったあとは確認だけは行うものの、「ほったらかし」にすることになります。

デイトレードより頻繁でもなく、長期運用よりも細かいと言った、トレードとして中間的な立場にありますね。
中期取引・中短期取引として解説されることもあります。

ある程度大きめの利幅を狙っていけるのも、スイングトレードの特徴です。

(⇒FXについて詳しくは漫画で)

スイングトレードの特徴を学ぶ

「ガッツリFX」では、初心者図鑑としてスイングトレードを解説しています。

絵を用いての説明なので、FX初心者の方でも簡単で分かりやすくなっています。

内容は番号ごとに振り分けられていますので、本当の図鑑のように、ちょっと取り出して読み返してもOK!

スイングトレードだけでなく、FXについての様々な情報も掲載しています。

このページでは、スイングトレードについて更にもっと詳しく見ていきましょう。

初心者図鑑② スイングトレードの期間について

スイングトレードの売買期間

スイングトレードの期間は、具体的に「何日」と明確に決まっている訳ではありません。

先ほどは数日~程度と書きましたが、数カ月間にわたる取引でもスイングトレードのうちです。

自分のライフスタイルに合わせてトレードしていく必要があります。

場合によっては、相場の流れに合わせて期間が上下する可能性も。

トレーダーごとに、取引期間の捉え方が違ってくるのが面白いポイントですね。

人によって最適な取引手法は違う

スイングトレードが選ばれる理由には、やはり「FXにかけられる時間が少ない」という点が挙げられるでしょう。

働いている方、主婦の方がFXを始めようと思うと、まず考えなくてはいけないのは「いつFXをするか」です。

すきま時間を見つけて数分程度でも行えますが、毎日続けていくとなるとなかなか骨が折れます。

チャートをチェックしたり、最初はFXについて学ぶ時間もいるでしょうから、尚の事です。

期間が延びることによって、1日のうちでFXにかける時間を細かく分散することが出来ます。

⇒スイングトレード向きのFX会社

初心者図鑑③ スイングトレードのメリット

スイングトレードのメリット

時間がなくても始めやすい

スイングトレードのメリットは、まず取引にかける時間が少なくて済むということです。

取引を始めたら、チャート(値動き)のチェックは最低1日1回行いましょう。

数分程度で良いので、朝家を出る前や、お昼休み、寝る前などにちょっとだけ取引画面を覗きます。

これなら日中働いている方でも始めやすいかと思います。

オススメなのは、毎日のチェックを同じ時間帯に行うことです。

その方が相場を比較して見やすいですし、FXを習慣化するようになります。

スワップポイント

スワップポイントが受け取れる

短期取引と違って、FXには期間が延びることによって受け取れるものがあります。

為替変動とは別に得られる、スワップポイントです。

スワップポイントは、取引の際、買う通貨と売る通貨の金利差分のポイントが貰えると言うものです。

通貨は国ごとに政策金利が決められています。

日本円のように金利の低い通貨で、金利が高い通貨を買うことによってポジションを所持している間はスワップポイントが払われ続けます。

スイングトレードの期間を長めにとることによって、お得になる可能性があるということですね。

※スワップポイントがマイナスの場合は、支払う必要が生じます。

⇒スワップポイントの高さで選ぶなら

初心者図鑑④ スイングトレードの注意点

スイングトレードはメリットのある取引方法ですが、特に以下の点に注意しましょう。

スイングトレードの注意点

レバレッジは低めに設定しよう

長い期間ポジションを保有するということは、比較的大きな価格の変動幅を狙うことでもあります。

デイトレードと同じ感覚で取引をしていると、時間がたつごとにロスカット確率も上がっていってしまいます。

資金はゆとりがある状態でスタートして、レバレッジを低く保ちましょう。

ロスカットを恐れるばかり、正常な精神状態でいられないのなら、無理に取引を続けていくのはあまりオススメ出来ません。

ギリギリの運用にならないよう、始めから気をつけていればリスクも減らすことが出来ます。

⇒関連:レバレッジについて詳しくは

チャンスを見逃してしまう事も

感情に流されないようにしよう

一日のチャートチェックが少なくて済むのがスイングトレードの利点ですが、常に相場は動き続けます。

リアルタイムで追いかけられないときは、相場の強い波(=トレンド)に乗り遅れてしまっても仕方のないことです。

置いていかれたような気持ちになりますが、そこは堪えて見送り、次のトレンドを待ちましょう。

慌てて感情的になり、正確な判断が出来なくなってしまうと最悪です。

そのような事態にならないために、事前の判断が大切です。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を身につけておくと、相場の判断が楽になります。

⇒テクニカル分析って何?

⇒ファンダメンタルズで相場を知る

初心者図鑑⑤ スイングトレードで徹底すること

スイングトレードは行い方によって、取引期間や注意するべき個所が変わってきます。

FX初心者の方は、まず以下の2つの点だけは徹底するようにしましょう。

スイングトレードで徹底する事とは

取引ルールを決めてしまおう

スイングトレードに限らず、FXでは取引ルールに沿って売買することが大切になってきます。

主な取引ルールは、取引する通貨・どのくらいで利益確定・損切りをするのかなどです。

とは言っても、いきなりルールを決めるのは難しいですよね。

その場合はデモトレードで無料お試しをしながら、取引ルールを確立していきましょう。

仮想のお金で取引ができるので、自分の大切な資金を使わずに練習が行えます。

決めたルールで安定して利益が出るようになったら、必ず本番でも同じように取引します。

本番では精神状態も違ってきますので、事前にメンタルイメージを膨らませることも大切です。

⇒デモトレードについてもっと詳しく

⇒デモトレード対応社で始める

まずは少額でFXを始めてみよう

1000通貨で少額から

どんな取引方法でも共通して言えることですが、いきなり多額のお金を動かすのはオススメ出来ません。

スイングトレードでは、無理のない資金管理をして、少額スタートを始めるようにしましょう。

少額取引に欠かせないのは「1000通貨」単位に対応しているFX会社です。

株で銘柄選びをするように、FXでも通貨ペアを選ぶことによって取引単位に若干の違いが出てくるのです。

対応会社では、約4000円からFXをスタートすることが出来ちゃいます。

⇒1000通貨について詳しくは

⇒4000円から始められるFX会社

スマホでも登録・取引が可能です FXをやってみよう!

FX会社への申し込みはネットですべて完結するのでとっても簡単!

最短3分で完了するので手間もかからず、開設費・維持費・年会費など費用が発生することは一切ないので安心です。

キャッシュバックを実施ているところも多いので、キャンペーンを利用してお得にFXを始めましょう!

また無料体験できるデモトレードや、自動取引ツールなど、初めてでも安心の機能が盛り沢山なのもFXの特徴です。

まずは無料で口座を開設して、実際に取引を体験してみましょう!

★初心者も安心のFX会社は?★

下記ではFXが初めての人でも分かりやすく口座開設方法や取引の仕方を図解付きで解説しています。

★FX口座は無料で作れて安心★

FXコラム